店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ
雀荘検索 HOME > 麻雀コラム > 今年を振り返って
<< A1リーグ第9節 | 2011-12-16(金)
A1リーグ最終節 | 2012-01-16(月) >>

今年を振り返って

Check
皆さんこんにちは。望月です。
今年の更新も今回が最後。というわけで今回は今年一年を振り返ってみたいと思います。


今年は東日本大震災という未曽有の出来事が起こったため、日本全体が沈んだ気持ちのまま一年が過ぎたような気がします。
もちろん私も例外ではなく、大震災を振り返って、改めて自分の立ち位置や生き方を考え直させられるきっかけとなりました。

ここまで他に何も考えることなく、全力で前だけを向いて突っ走ってきたプロ生活。
麻雀プロの存在なんて、大自然と比べたらほんのちっぽけなモノ。
それでも、自分たち麻雀プロが世の中に求められることだってきっとあるだろうと。そう考えるようになりました。

自分一人の成績や活動内容ももちろん大事です。
しかし、本当に大事なことは、麻雀を愛する皆さんがもっと麻雀を楽しむことが出来る様な世界にすることなんだなぁと、今はそう強く実感しています。


さて、そろそろ自身の一年を振り返ってみたいと思います。

公私ともにこの一年はあまりいい年ではなかったような気がしますね~。
二月には愛車が盗まれた上に車内のバッグが盗まれ(車は後日見つかりましたが故障して戻ってきました…)、大事な大事な鳳凰位決定戦の取材ノートが紛失し、本当に辛い思いをしました。

体調も優れないことが多く、元気な姿で麻雀をやることの方が少なかったかもしれません。
この辺りは来年の課題ということで、日々の生活を今一度考え直してみようと思っています。

さて、一番大事な麻雀ですが、今年はここ数年で1、2を争うほどに結果と内容が良くないと感じる一年でした。

救いは、最低限の目標のA1リーグ復帰を果たしたこと。現在のA1リーグも含め、リーグ戦での内容と結果だけが良いだけで、他の部分に目を移すと収穫と言えるようなモノがなかったのでは?と感じています。

しかし、それも現在麻雀のスタイルの大幅なマイナーチェンジを図っている最中でして(モデルチェンジではなく、あくまでマイナーチェンジです)この武器を持って鳳凰位決定戦に挑もうという意思があるだけに、今は大きな壁にぶつかっているんだと自分では考えています。

いつ、どんな時でも勝たなければいけないのが麻雀プロ。
それでも、どうしても今はA1の猛者達と対等に戦うための術を身につけようと思ってしまうのです。

もう少し踏み込みを深くした方が、普段の戦いではイイ結果が出る事は明白なのに、棘の道を歩んでしまう自分に嫌気がさすことも有ります。それでも、もう一度頂点に立つ為に、夢を叶える為に、どうしても今自分の前に聳え立つ大きな壁を乗り越えないといけないんですよね。


鳳凰位決定戦に出場するために、そしてその大舞台で自分のパフォーマンスを100%発揮するために、今準備を進めています。
本当に辛く苦しい作業ですが、今ここで自分自身に打ち勝つことが出来ないと本番で自分に勝つことは出来ないのです。まずは心と体を作り上げ、そして自分の目指しているスタイルで頂点に返り咲く事が、今私がプレイヤーとしてやらなければいけないことだと思っています。


そして、プレイヤー以外でのプロ活動についてですが、今年意識して活動してきたことは『育成と普及』です。

麻雀プロとして相応しい人材を一人でも多く世の中に送り出すこと。
麻雀をより多くの皆さんに楽しんでいただけるように、麻雀を取り巻く環境を少しでも向上させること。

これが今年の目標でした。
育成に関しては、私自身の育成に対する指針が定まってきたせいか、数年前と比べレベルも意識も向上しているという実感があります。
しかし、育成相手もまた人間ですから、高いモチベーションを維持させてあげる事には今でもまだ苦労しています。それでも、こういった地道な活動を続けることが将来の麻雀界の発展に大きく繋がるはずだと信じていますから、これからも今まで以上に力を注いでいきたいと考えています。

麻雀普及に関しては、地元での草の根活動は継続して行えていると思います。
これを近県での活動につなげる事が課題だったのですが、今年に関しては少しずつですが麻雀プロとして皆さんのお役に立つことができたかなと、そう感じることの出来る一年でした。

来年以降、麻雀卓寄贈や施設訪問などの頻度を増やし、さらには麻雀ファンの皆さんに対してももっと積極的にアプローチできる環境を整えていきたいと思っています。



こうやって振り返ってみると、あっという間に過ぎてしまった一年だったなと感じました。それは、東日本大震災の影響もあるかと思いますが、今年一年は麻雀プロとしてのこれからのスタンスと、自覚と責任を考え直す一年間だったことにも起因しているのかもしれません。

自分が今やれること。
このテーマはこれからもずっと続いていきます。
私に課せられた課題を継続して行うことがまずは第一歩です。麻雀を愛する皆さんにとって素敵な環境を少しでも整える事が出来るように、来年もまた頑張っていこうと思っていますので、皆さん応援してくださいね!


さぁ、次回は鳳凰位決定戦出場を掛けた大一番、A1リーグ最終節の模様をお伝えしたいと思っています。期待してくださいね!

それでは皆さんよいお年を。望月でした~。