店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ
雀荘検索 HOME > 麻雀コラム > 今年を振り返って
<< A1リーグ第9節 | 2012-12-20(木)
A1リーグ最終節 | 2013-01-16(水) >>

今年を振り返って

Check
皆さんこんにちは。望月です。

今年も残すところあと僅かとなりました。
皆さん今年はどんな年となったでしょうか?

良いことも悪いこともあった一年間でしたが、今から私もこの一年間を振り返ってみようと思います。


今年最初に起こった事と言えば、4年ぶりに鳳凰位決定戦に進出したことでした。
結果は惨敗。
新鳳凰位となった荒プロをはじめ、三人のパワーに圧倒された戦いとなってしまいました。

この敗戦をきっかけに、今年の対局の結果と内容は下降線を辿ります。
自分の持ち味は何だったのだろうか?自分のスタイルはどのようなスタイルだったのか?考えれば考える程迷宮に嵌っていくようで、自分の良さが全く出せないような対局が続きました。

その不調は、恐らく鳳凰位決定戦にてバランスを崩したことが原因なのでしょう。
こちら雀サクッコラムでも振り返っていますが、改めて牌譜を見てみると、とても自分が打っていたとは思えないような内容の打牌の連続です。

細かいミスもありますし、戦う姿勢といった部分でも明らかに三人に劣っていました。
それに気が付いただけでも収穫です。
この敗戦から多くの事を学んだつもりですので、この結果を教訓に、また新たな自分を見つけ出したいと思っています。
復活はいつになるかはまだわからないのが現状ですが、この闇の先にはきっと大きな成長が待っていると信じています。
ぜひ期待してくださいね!


さて、自分の麻雀の内容ではいいところが無かった一年でしたが、麻雀プロ活動においては非常に充実した一年となりました。

まずは、プロを育成する仕事に携わることが出来た事。
これは私にとって本当に大事な仕事になりました。
以前からもこのセクションのお仕事をさせてもらっていましたが、今年は特に深くかかわって仕事ができたように思います。
麻雀プロを志す若者に対し、ちゃんとした教育をすること。
これはこれから先の麻雀界にとって本当に大事な事だと思っています。環境整備と共に、しっかりとした教育機関を設け、何十年か先の麻雀界の未来を見据えて活動していく事が、今の私達に求められていることなのでしょうね。


さらに今年は十段戦の解説と観戦記を担当させてもらったことが大きな出来事でした。
解説は数年ぶりで、上手く話せるか不安でしたが、実況の勝又プロと同じく解説の藤原プロに助けてもらったおかげで、何とか無事に終えることが出来たように思います。
また大きな試合の解説のお仕事が出来たら嬉しいんですけどね。
(ホントは選手として出たいんですけど…)

観戦記の方は、今回も本当に苦労しました。
とても素敵な内容の戦いだっただけに、その臨場感や選手の生の声をどこまで伝えられるか難しい部分も多かったのですが、これも及第点ぐらいはあげてもいいのかなって思っています。
それでもやっぱり、まだまだ文章力は足りないですし、もっと簡潔に伝えるような内容の書き方も勉強しないといけないですよね。
次の機会までにもっと勉強しなくちゃいけませんね。


そしてもう一つ大きなお仕事が一つ。
現在も進行中なのですが、夕刊フジ杯の西日本リーグ名古屋ブロックのニコ生の解説をやらせて頂いていることですね。

こちらは制作サイドと毎回試行錯誤しながら現在行っています。
より良い放送が出来るように、また視聴者の皆さんの声を上手に拾い、視聴者参加型の番組になればと思って放送していますが…毎回いろいろなハプニングがあって現場はなかなか大変なんですよ~!それでも、観てくださっている皆さんが喜んでくださることが一番ですので、これからも良い番組作りをしたいと思っています。

また、この夕刊フジ杯では、対局終了後に前回のプレイバックを放送しています。
こちらの放送では、対局内容を中心に、麻雀の戦術、技術的な部分のお話を、選手の皆さんを交えて放送しています。

どちらかというとこのプレイバックの方が、皆さんの雀力向上には役に立つ内容をお伝えしていますので、麻雀が強くなりたい方は是非こちらのプレイバックもご覧くださいね~!


ということで、私の今年一年間を振り返ってみましたがいかがだったでしょうか?

年明けにはすぐにA1リーグの最終節が控えていますので、正月気分を満喫している余裕はありません。体調管理に十分に気を付けて、来年もまた精一杯頑張っていこうと思っています。

来年の目標は…

タイトル戦の決勝戦に進出することかな。
少し控えめな目標にしてみました。
そして、このコラムをご覧になって下さっている皆さんと少しでも距離を縮め、皆さんと共に麻雀界を盛り上げていく事が目標ですね。
こちらはぜひ達成したいので、皆さんニコ生見てコメント一杯くださいね~!


それでは今回はこの辺で。皆さんよいお年を。望月でした~。