店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ
雀荘検索 HOME > 麻雀コラム > 梶やんチャレンジ 反省会!
<< 可能性の読みとケイテン 実践例 | 2014-05-12(月)
天鳳名人戦に向けて | 2014-06-03(火) >>

梶やんチャレンジ 反省会!

Check
2014-05-16(金) 12:11:12 | ASAPIN (あさぴん)



第1回 梶やん vs ASAPIN ガチンコ勝負!

梶やんが最近戦術本『超精緻麻雀 -多角的思考による盤面把握-』を出版したばかりの初代天鳳位・ASAPINに勝負を挑む!
天鳳にて東南戦3回勝負を行います。
また、あと2名は魔神先生・渋川難波プロ、さらに麻雀王国・tarooさんにお相手していただきます。

大会ロビー http://tenhou.net/0/?21075046
連続3戦の合計得点 http://tenhou.net/sc/?C2107-sc3m

半荘3回で梶やんのトータルポイントがASAPIN・魔神先生より下回れば、梶やんがそれぞれの方の著書を10冊自腹購入します!
梶やんが勝った場合は特になしです。
ASAPINの著書『超精緻麻雀 -多角的思考による盤面把握-』(マイナビ麻雀BOOKS)
http://goo.gl/HgbO0y
魔神先生の著書『麻雀 魔神の実戦』 (マイナビ麻雀BOOKS) http://goo.gl/Ro4vtL
★本配信は一部会員限定とさせてただきます。あらかじめご了承ください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------


こんな企画が14日の夜にひっそり行われてました!
なんとも厳しいメンツでのガチ勝負。結果はというと・・・タイトルの通り完敗でした。
基本的に梶本さんとだけのスコア勝負なんですが、僕の着順は324、梶本さんは413。

負けても内容が良ければ多少は諦めがつくんですが、今回は慣れない直対勝負ということもあり、どうにもルールに対応できずに自滅した感があります。

<一回戦牌譜>

<二回戦牌譜>

<三回戦牌譜>

反省点を何個か。



まず一回戦。




手前が僕で下家が梶本さんです。
パッと見で六九が薄いので、一発で競争相手の梶本さんに④を押すのはやりすぎかと思い、打九。

これは微妙ですねー。
六九が薄いことを考慮しても、まっすぐ行くなら打④、慎重に行くなら打九、雀荘のおっさん打法なら打八→七というところでしょうか。
フリーなら④を押して天鳳なら九を切ってると思うので、普通の順位点(10-30)の直対勝負でどうすれば良かったのか・・・

結局この後は4を引いて打④のダマ。これもフリーならリーチしてるのでどうなんでしょうね。
リーチ棒を出して梶本さんに和了られるとかなり痛いので、それを意識しすぎたかもしれません。





二回戦オーラス。上家が梶本さん、手前が僕、下家が渋川プロ、対面がtarooさん。
梶本さんにこの八ツモでまくられ二着。

これはしょうがなかったかなと思います。
途中から渋川プロへのアシストで中張牌を鳴かせにいっていましたが、うまく噛み合わずに逆に梶本さんのホンイツが順調に進んでいく展開。
対局後のラインで渋川プロに
「あさぴんさん6刺せませんかー!」
と煽られましたが、刺せるかこんなもん!(笑)

自分がドラ0枚の手牌で、tarooさんは筒子の染め模様で恐らくドラを持っていない。
梶本さんも現状1枚しかドラを晒していないので、捨て牌からの情報も含めて渋川プロがドラを対子以上で持っている可能性が結構あります。
四を鳴かれるちょっと前あたりから渋川プロへの満貫放銃を警戒して合わせ打ちに切り替えていたので、6を打てるタイミングはちょっとなかったかなと思います。
魔神の読みを駆使してもこれは無理でしょう・・・(笑)
※サドンテス無しのルールでした、説明不足ですみません!






猛反省の一局。
上家梶本さん、対面渋川プロ、下家tarooさん。
危険な筒子部分をスリムにして形を決めてから東バックの仕掛けをしたところ、梶本さんがホンイツ2副露。
梶本さんの打⑨と同時に③を掴んでしまい窮屈な手格好になり、渋川プロも仕掛けを入れたところにこのテンパイ。

完全安牌はゼロ。なら渋川プロに通っている③一枚くらいは目をつぶって押してテンパイを取るか・・・と通常なら思うところですが、直対相手の梶本さんに8000打ったら最悪ということが頭にチラつき、中筋の五でオリ。

なんとも中途半端な一打ですね・・・
こういう条件下で打ったことがほとんどないので、③を押すのが正解なのかはあまりわからないですが・・・




そして極めつけにこんな結末に・・・
典型的な麻雀漫画の負けキャラみたいなオリ打ちですね(´;ω;`)
僕自身は打牌にカッコ良さは求めてないですが、これは客観的に見て余りにもカッコ悪いと思います・・・(笑)





ラス親での最後の粘りチャンス。
出和了り5800の②⑤待ちでテンパイしていたところに、2枚切れの東ツモ。
そして一瞬考え、
「東単騎なら7700になるし梶本さんからも直撃できるかも・・・」

とよこしまな期待を抱いて打⑤。
すると・・・











・・・麻雀の神様ゴメンナサイ(´;ω;`)




ということで結果は惨敗でした!
配信を見てくださった方々、いい麻雀を打てなくて申し訳ありませんでした!

タイトルに「第一回」と入っているので、もしかしたら第二回以降があるのかも・・・
もしあったら次はいい麻雀を打ってリベンジ出来るように頑張ります!

コメント

投稿名:


コメント:
※ここにチェックを入れてから投稿ボタンを押してください