店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ
雀荘検索 HOME > 麻雀コラム > AⅡリーグ第7節 『バランス』
<< 私の秋 | 2010-11-01(月)
RIVAL10 | 2010-12-01(水) >>

AⅡリーグ第7節 『バランス』

Check
これは、どんな事柄においても重要なファクターの一つだと考えている。
もちろん、麻雀に関しても同じことが言える。
【心技体】のバランスや、【押し引き】のバランス、【手牌構成】のバランスなど、いついかなる時も意識しておかなければなるまい。



いつもとはちょっと違った感じで書き出してみましたけど、今回のリーグ戦ではこの、『バランス』の大切さを痛感した戦いになりました。


今回の対戦は近藤プロ、山井プロ、吉田プロとの対戦。特に近藤プロ、山井プロは現在一位、二位ということで一気に差を詰めるチャンス。組み合わせがわかった時から、今節だけはいつもよりも踏み込みを深く、より攻撃的に戦おうと腹を括っていました。


しか~し、勝負事はなかなかうまくはいかないですよね。
初戦は何にもできないマイナス。続く二戦目もラス。

一応想定内とはいえ、二戦終わってマイナス40Pは辛いですね。

三回戦はなんとか意地を見せてトップ。これでマイナス10Pほど。


今回のリーグ戦、まずかったのはここからなんですよ。

以前の私は、今では考えられないほどの攻撃型。
しかも、局面先手をいつも取りたいタイプだったんですよね~。

当然手数も多いし、失点もする。
しかし、危険察知能力はまぁまぁあったんでしょう。致命的な失点はしない、そんな感じの打ち手でした。

でもね、上のリーグに上がると、なかなかそれじゃ勝てない。
同系のスペシャリストたちがゴロゴロしてますから。

そこで私は考えた。
それじゃ打点力だけ残して、腰は重く、門前主体の打ち手になったらどうだろうってね。

それを考えたのが、前回AⅡリーグに昇級した時だから5年くらい前かなぁ。
それからは、ずっとこんな感じで戦ってたんですよね。

それで結果も出た。
でも、ここ数年不調が続いていたためか、だんだんと受け主体になってきたんですよね。麻雀も思考も。


よく、前原プロが、
『好きな麻雀とにあう麻雀がある』

っておっしゃってますけど(山井プロのロン2ブログにも書いてありましたよね~)、自分の麻雀ってどうなんでしょうね??


心の中では「我慢しろ、我慢しろ」ってつぶやいても、ポイントや点棒で前掛かりになってしまう。
頭で考えている打牌と、心が囁いている打牌と、指が選ぶ打牌が異なってくる。

これが、自分にとって『バランスを崩す』ってことなんですよね。


私の麻雀ってすごくシンプルなんですよ。

アガれるから攻める。
アガれないから受ける。
いらないから切る。
切れないから切らない。

たったこれだけのこと。

細かく掘り下げれば山のように項目は沸いて出てくるけど、基本はこれ。
それなのに、ちょっとした欲に負けたんですよね。それもアガれないのがわかっているのに中途半端な牌を切って。

放銃するのはいいんです。ボク連盟一、放銃大好きだし。
ラス引くのもいいんです。嫌いじゃない。

でも、自分の決めごとを守れなかったことが情けないっす。


こっから先はメンタルの勝負ですよね。
まだまだ勝負は終わっていないし、昇級も、優勝も可能性はあるんだから。

なんと次節は、ツイテルことに、三節連続で一位、二位との戦い。
まだまだチャンスはありそうです。

あと半荘12回しかないんだから、気合い入れて頑張ります!

あっ、その前に今週は王位戦。久しぶりにタイトル戦の決勝戦に乗りたいな~なんて思ってます。

さぁまた明日から精進しなくちゃね。

それじゃまた。望月でした~。