店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ
<< ときめいちゃいました♪ | 2010-12-14(火)
心理テスト | 2011-02-17(木) >>

頭脳ゲーム

Check
謹賀新年
あけましておめでとうございます

皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます
本年もよろしくお願い致します


実は私、最近『多幸』って言葉を知ったんですよね(汗)

最初に聞いた時は「蛸?」って、海の生物を思い出していました(^_^;)

こんな、おばかな私ですが、最近頭脳ゲームにはまっています。

日本プロ麻雀連盟、期待の新人の白川ゆきなちゃんに誘われ、『狼ゲーム』とやらに参加してみたのですが、これが面白い!!

簡単に説明すると、村人チームと狼チームに別れ、どちらが勝つか競うのですが、村人は誰が狼なのかわからないまま、一人一人の発言をヒントに狼らしき人物を排除する。狼は村人のふりをしながら、本物の村人を排除していくゲームなのですが、心理戦なので、かなり頭を使います。

村人チームには、占い師やガーディアン。狼チームにはバーサーカーといったキャラもいるので、ゲームを進行していく中で色々なストーリーが出来ていきます。

本来、配られたカードに書いてある役割をしなくてはいけないのですが、村人に選ばれたはずの和泉が、「村人つまんない」とか言って、勝手にバーサーカーの役をやり始めたりして、ゲームは大パニックになったりしますが、それはそれで、面白かったりw

このゲームに初参加のAリーグの藤原プロは、私と同じ狼チームに選ばれたのですが、最初からゲーム性を完全に理解し、完全な村人発言を連発。やってみるとわかるのですが、狼なのに村人の振りをするのって、本当に大変なんですよ!

このゲームを通じて、Aリーガーはやはり違うなと関心させられました。

狼ゲームは、アメリカでは会社の社長クラスの人たちが集まってやったりするらしく、大人が本気で楽しめるゲームなので、みなさんも機会があったら是非参加してみて下さいね♪

ただ、狼ゲームは10人くらい集まらないと楽しくないらしいので、5人くらいの時は
ナポレオンや、手持ちのカード二枚でやるポーカーがお勧めです。

どちらも心理ゲームなので、麻雀との共通点もあり、私はすごく楽しめましたよ。

ナポレオンは、ルールが複雑なので、まだちょっと理解出来ていない感じはありますが、大貧民のチーム戦みたいな感じなので、大人が楽しめる事間違いなしです!

人との交流を持つのが困難な時代になってきていますが、たまには、みんなで集まって、ゲーム三昧っていうのはいかがでしょう?

写真は白川ゆきなちゃんと私です♪