店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ
雀荘検索 HOME > 業界ニュース > 麻雀最強戦 > > 最強戦女流プロ代表決定戦が終了いたしました!
麻雀業界ニュース|麻雀・雀荘検索「雀サクッ」 業界ニュース 業界スケジュール ニュース投稿
全データ1件
1件 - 1件を表示中

1

最強戦女流プロ代表決定戦が終了いたしました!

2013-04-13(土)  |  麻雀最強戦  |  
Check
真の最強雀士は誰なのか?それを決めるため、毎年近代麻雀の主催により開催される「麻雀最強戦」。
その最終戦「麻雀最強戦ファイナル2013」に出場する女流プロ代表枠を決定すべく、4月13日に「麻雀最強戦女流プロ代表決定戦」が開催された。


予選に選ばれた選手8名がそれぞれA卓・B卓に分かれ一半荘を打ち、各卓の1位と2位計4名が決勝卓に進出。決勝卓一半荘の勝者が代表選手となる今大会。

出場選手は、
【A卓】
二階堂亜樹
魚谷侑未(女流桜花)
冨本智美(女流雀王)
花本まな(女流最高位)

【B卓】
茅森早香(前年度チャンピオン)
二階堂瑠美 
安田麻里菜(プロクイーン)
水城恵利(野口賞)

の8名。


解説はおなじみの梶本琢程プロ、声優・俳優の小山剛志さんに加え、ゲストに漫画家の片山まさゆき氏と、選手・解説ともになんとも豪華な顔ぶれ。



A卓東2局、魚谷プロの親番。魚谷プロは自身の持ち味を生かした最速手順のリーチで確実に得点を積み重ね、東3局の親落ちの時点で持ち点40100点と大量リードを広げる。
2着以内に入れば決勝に上がれる今大会。これで魚谷プロは安全圏かと思われたが、そうやすやすと一人を楽にさせるメンツではなかった。

東3局、冨本プロの役牌二つの仕掛けを受け、テンパイを崩した魚谷プロ。
テンパイに受けていれば待ちになっていた36mは花本プロにツモ切られ、切り切れなかった36pは二階堂亜樹プロにリーチ宣言牌で通される。更には二階堂プロがこれを一発で引き、6000オールのツモ和了り。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌  ツモ麻雀 牌  ドラ麻雀 牌  裏ドラ麻雀 牌

その次局、冨本プロの先制リーチに対し、追いついた花本プロが冨本プロから12000の出和了り。
続く冨本プロの親番となる東4局、連荘に望みを託し果敢に仕掛ける富本プロだが、二階堂亜紀プロのリーチに当たり牌となるドラを掴み、8000の放銃。
これによって二階堂プロが46800点と抜け出し、魚谷プロが34100点、花本プロが31300点という並びとなる。
東1局の2万点リードではセーフティーでも何でもない、ということを思い知らされた瞬間である。

しかし南場の魚谷プロの親番。連荘の為の足止めを兼ねたであろう、カン3mのリーチ・タンヤオの手が、なんとツモって裏3に。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌  ドラ麻雀 牌  裏ドラ麻雀 牌


6000オールの和了りで、再び他を突き放したリードを手にする。
既に親番のない花本プロも、必死に二階堂亜紀プロとの20000点近い差を詰めようとするが、他家の度重なるツモで点数を削られた花本プロ、無念にも届かず。
親番を最大限に生かしきり、他家との点差を広げた魚谷プロ・二階堂亜紀プロの両名が決勝へと勝ち上がった。




続いて行われたB卓。東1局に起家二階堂瑠美プロに七対子の聴牌が入り、先制親リーチ。
これをを読み切ったかの如く、無筋を通しながら3900は4900の和了を手にしたのが「天才」茅森プロ。
対人駆け引きで七対子を読み切ったのか、はたまた東1局に二階堂瑠美プロの親リーチを実らせてはいけないという経験則か。どちらにせよ見事な和了である。

続く東2局、茅森プロのリーチに対し、逆に仕掛け返した二階堂瑠美プロが清一色をテンパイ。逆襲なるかと思われたが、ドラを掴んでも引けない二階堂瑠美プロ。これがヤミテンに構えていた水城プロのシャボ待ちに刺さってしまい、二局で12900点の失点と手痛い打撃を受けてしまう。

この後は二階堂瑠美プロの打点を狙ったリーチに対し他家が対応していくような形で場が進行していく。そんな中、独特の感性光る和了で序盤にリードを広げ、後半は安定した守備で危なげなく逃げ切った茅森プロ、安田プロとの僅差の二着争いを物にした水城プロが決勝へと進出したが、道中にも何度か難しい局面があった。


面白かったのが東3局、水城プロの親番。
茅森プロが比較的大人しい河での七対子の決め打ちで聴牌。一枚切れの西単騎(茅森
プロは南家)か、場に安く、自分の河に早めに3sが切ってある迷彩気味の1s単騎かの二択で、茅森プロは1s単騎を選択。これを親の水城プロが一発で掴んでしまう。
手の内に完全な安牌は一枚もなく、自分の手もイーシャンテン、見た目は明らかに通りそうな1s。これは一発放銃か・・・と誰もが思った瞬間だったが、水城プロは手を崩して筋の3pを切り、見事放銃を回避する。
麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌 ツモ麻雀 牌  ドラ麻雀 牌

茅森プロの河は2pが6巡目に、6pが7、8巡目に切られており、ツモ切りまで見ていれば一番安全なのは確かに3pだろう。だが、実際に親番のこの手で1sを切らずに手を崩し、完全安牌ではない3pを切ることがどれだけ難しいことか。

結局一発は回避したものの、その後安牌が無くなった水城プロが1sで茅森プロに放銃してしまう。しかし、最後まで僅差だったB卓。水城プロはこの一発回避によって勝ち上がりを決めたと言っても過言ではないだろう。
また、場を読み切り、安易に西単騎に受けず1s単騎に受けた茅森プロも、まさしく天才の一打を魅せてくれた。


また、惜しくも敗退した二階堂瑠美プロ、安田プロだが、南1局に大きな分岐点があった。
この局、親番となった二階堂瑠美プロに發の槓材、ドラも内臓した勝負手が入る。
8巡目、待望の聴牌を果たした二階堂瑠美プロが以下のリーチ。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌  暗槓麻雀 牌  ドラ麻雀 牌 麻雀 牌


これをツモれば最低でも4000オール。序盤の失点を取り返すチャンスかと思われたが、安田プロが粘り強く打ち回し、これに追いつく。

麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌麻雀 牌

現物待ちではない、ドラ2枚を使った平和ドラ2の手だが、安田プロはダマに。
結果、これを一発でツモってしまい、1300・2600の和了となる。
これについて「勿体ない」というコメントが多く、安田プロ本人も試合後に後悔していたようだったが、二階堂瑠美プロのリーチに放銃するとほぼ挽回不可能であること、二着までに入れば勝ち上がりであることを考えると、非常に難しい局面だっただろう。
結果としては一発ツモ逃しという裏目を引いたが、その繊細な選択は印象的であった。



そうしてA卓、B卓の試合が終了し、勝ち上がったのは魚谷プロ、二階堂亜紀プロ、茅森プロ、水城プロの四名。
決勝は有料生放送として放送されており内容については触れられないが、4名全員が見せ場満載の、予選以上の素晴らしい盛り上がりであった。お時間の許す方は是非ご視聴頂きたい。

豪華な選手・解説陣により、素晴らしい盛り上がりを見せた今大会。だが、今大会はまだファイナル2013の予選にすぎない。今後も最強戦から目が離せない。
全データ1件
1件 - 1件を表示中

1