店舗ログインページ

雀荘・麻雀検索 雀サクッ│大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索

雀荘・麻雀検索「雀サクッ」大阪・東京など全国のフリー雀荘を検索
新規会員登録 サイトのご利用方法
麻雀・雀荘検索「雀サクッ」トップページ 何切る問題 求人情報 全国イベント情報 広告掲載について 麻雀リンク お問い合わせ
雀荘検索 HOME > 業界ニュース > 夕刊フジ杯 > > 夕刊フジ杯争奪第8期麻雀女王決定戦 大阪2組レポート
麻雀業界ニュース|麻雀・雀荘検索「雀サクッ」 業界ニュース 業界スケジュール ニュース投稿
全データ1件
1件 - 1件を表示中

1

夕刊フジ杯争奪第8期麻雀女王決定戦 大阪2組レポート

--()  |  夕刊フジ杯  |  
Check
スポーツ等では、予選通過数より多く強豪が集まるブロックを

「死の組」という表現をする。

今回の夕刊フジでいえば、この大阪2組はそれに当てはまるのでは

ないだろうか?

ベテラン石井阿依プロ、櫻井はるかプロが組んださかえ福井。

昨年覇者水瀬千尋プロと実妹夏海プロの 雀トップグループ。

昨年個人準決勝進出、香林明子プロ、安城るいプロ、高瀬麻濃プロ

のぎゃるなん。

WCS覇者 水谷葵プロ、涼宮麻由プロのJANGYOU。

正直、どこが抜け出してもおかしくないチームが揃った

それが大阪2組である。

面白いことにこのブロック、予備抽選では10位11位12位が

揃ったブロックでもあった。

過去夕刊フジ杯西日本リーグは、協会のベテラン 石井阿依プロの居る

ブロックは最後の最後に埋まる。

今年も例年通り予備抽選の最後の3チームが石井プロと同ブロックとなった。


いきなりスタートダッシュを決めたのは安城るいプロ。

3節終了時に規定回数をクリアして100pオーバーのスコアを出す。

続いては水瀬千尋プロが3連勝。石井阿依プロが3連勝と

なんと最終節前に100pオーバーが3名も出てくる。

そのあおりをうけたのがJANGYOUであった。

またチーム戦は毎節毎節上位の順位が入れ替わる。 

予想通りに混戦となったのだが、各チームのエースが

温存された第5節に抜け出したチームが居た。

水瀬夏海プロが120p以上を叩き、チームをトップへ

また個人でも8位に押し上げる活躍を見せた。


1回戦。雀トップに先着しなければならないさかえ福井は

櫻井プロが登板。雀トップは夏海プロ。

櫻井プロが突き放すと、夏海プロが追いつくという展開。

しかし、百戦錬磨のベテランがギアを入れ変える。

櫻井プロはここまで「受けすぎ」で、後手後手となる展開が多かった。

しかし前に出るしかなくなったこの最終節は

一北審判部長も「ピーク時の櫻井はるかプロが蘇った。」と絶賛。

そのまま櫻井プロが押し切ったのだが、夏海プロも2着となり

個人戦の望みをつないだ。


続く2回戦でも櫻井プロのターンは続く。

先手を取れば、夏海プロが前に出てこれないと読み、

先手先手で攻めていく。

健闘していた夏海プロだが、先制リーチをかけた局に

七対子で追いついた櫻井プロはドラ単騎での追いかけられる。

これを夏海プロが掴み、これが決定打となった。


最終節の2連勝でこれで櫻井プロにも個人戦の目が出てきた。

夏海プロは、個人戦が厳しくなりまたチームでも

さかえ福井に迫られるという厳しい展開。


選手起用が注目されたが、さかえ福井は櫻井プロ、

雀トップは夏海プロの連投となった。

石井プロ的には、個人戦を見据えて少しでも上積みを狙いたい

ところである。

しかしこの展開になると判断が難しくなるところであるが、

今日の調子を見て櫻井プロの連投という決断をした。


逆に逃げる雀トップは、個人戦当確の千尋プロを温存し、

チーム進出を夏海プロに託した。


こういう舞台が初体験である夏海プロ的には、

かなりのプレッシャーであったと思われるが、

櫻井プロの猛追を見事にかわし、雀トップが

チーム準決勝進出を決めた。


大阪2組

1位 雀トップグループ +173.3p

2位 さかえ福井    +129.4p

3位 ぎゃるなん    ▲62.5p

4位 JANGYOU     ▲240.2p
全データ1件
1件 - 1件を表示中

1